自己処理脱毛で肌が荒れてしまったら?

ムダ毛のお手入れは女性にとって永遠のテーマであり、エチケットとしても必要不可欠なものです。

ムダ毛の自己処理には様々な方法があります。カミソリや電気シェーバー、脱毛クリームを使っての除毛、毛抜きやワックスなどでムダ毛を抜く、家庭用脱毛器、ブリーチ剤で毛を脱色し目立たなくするなど実にさまざまです。

これらの自己処理は自宅で簡単にできる手軽な方法ですが、継続することで様々なトラブルも発生します。

自己処理でのトラブルとしては、カミソリの摩擦による乾燥や肌荒れ、ムダ毛を抜くことによる毛穴の炎症や埋もれ毛、色素沈着による肌の黒ずみなどがあります。

トラブルが発生し肌が荒れてしまったら、まず肌を素早く冷やすことが重要です。冷やすことで肌荒れや毛穴の炎症を抑えることができます。また、毛穴を引き締めて目立たなくさせる効果も期待できます。自己処理をする際には保冷剤などを準備しておきましょう。

グリチルリチン酸などの炎症を抑える成分が配合されているクリームも肌を落ち着かせる回復方法の一つです。専用のクリームやローションなども様々なメーカーから市販されていますので積極的に使用しましょう。

また、トラブルを起こしにくくするために予防も大事です。カミソリで剃る際に肌にたっぷりとクリームやジェルやフォームを塗って滑りを良くすること、自己処理後の保湿ケアを徹底的に行うこと、肌の状態に合わせて自己処理方法を変えること、を心がけましょう。

さらに自己処理後にクリームやローションを塗っておくことで、保湿で肌がうるおうことで角質が柔らかくなりバリア機能が高まりターンオーバーが活性化され、肌荒れや色素沈着を起こしにくい肌になります。日頃から丁寧な保湿ケアを心がけて健やかな角質を維持するということも大切です。

肌荒れが特にひどい場合はムダ毛の自己処理を中止し、病院の皮膚科に通いましょう。また、サロンでの脱毛にシフトするという選択も感がてみて下さい。

脱毛お得プラン

PAGE TOP